カロナールと同じ成分の市販薬を紹介|新型コロナワクチン接種後の発熱や痛み

オオギ薬局のブログでの市販薬紹介シリーズ

オオギ薬局では、様々な医療用医薬品を〈処方箋なしで販売する〉という業態で、毎日全国から多くの問い合わせを頂きます。ただ、その中で

  • 法令上通販ができない為に対応ができない
  • 市販薬でも同等、類似の成分がある為にそれで十分だと考えられる

というケースがあるため、そういった方へ参考となるようなご案内ができればと思います。

頭痛や生理痛などの痛み止めとして処方されることのあるカロナール。

新型コロナウイルス感染症に関する報道で、カロナールの名前を耳にする機会が増えたのではないでしょうか。

この記事を読むことで、これらのことが分かります。

  • カロナールの効果や他の解熱鎮痛剤との違い
  • 新型コロナウイルス感染症の流行下でカロナールが使用されている場面
  • カロナールの供給不足に関する報道の詳細
  • カロナールの代わりになる医薬品

ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

カロナール(有効成分アセトアミノフェン)とは

薬を服用する女性の画像

カロナールは痛みを抑えたり熱を下げる効果がある飲み薬です。

「熱や痛みがとれて軽く、楽になる」の意味からカロナールと名前が付けられたようです。(余談ですが、医薬品の名前の由来がダジャレというケースは意外に多いです。)

カロナールには、「アセトアミノフェン」という有効成分が含まれています。

アセトアミノフェンはWHOの必須医薬品モデルリストにも掲載されており、世界各国で解熱・鎮痛剤として幅広く使用されています。

カロナールの効能又は効果

カロナールの添付文書には、効能又は効果として下記の内容が記載されております。

下記の疾患並びに症状の鎮痛

頭痛、耳痛、症候性神経痛、腰痛症、筋肉痛、打撲痛、捻挫痛、月経痛、分娩後痛、がんによる疼痛、歯痛、歯科治療後の疼痛、変形性関節症

下記疾患の解熱・鎮痛

急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

小児科領域における解熱・鎮痛

以上のように、カロナールは様々な原因に対する解熱鎮痛剤として使用されています。

他の解熱鎮痛剤(NSAIDs)との違い

市販の解熱鎮痛剤は、アセトアミノフェン非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)と呼ばれるものの、2種類に分けられます。

NSAIDsは、特定の薬の名前ではなく薬効群の名称で、代表的なものとしてロキソプロフェン(商品名:ロキソニンなどに含有)やイブプロフェン(商品名:イブなどに含有)といった成分があります。

アセトアミノフェンとNSAIDsの違いを「作用機序」「有効性」「安全性」の3つの切り口で比較していきます。

作用機序の違い

アセトアミノフェンの作用機序の詳細は未だに解明されていませんが、中枢神経におけるシクロオキシゲナーゼ(COX)阻害と考えられています。

NSAIDsの作用機序は、アラキドン酸カスケードのCOXを阻害することで、プロスタグランジン類の合成を抑制します。

この作用機序の違いにより、有効性と安全性に違いが生じます。

有効性の違い

NSAIDsは、体内の「発熱、痛み、炎症」などを引き起こすプロスタグランジン類の合成を抑制するため、解熱・鎮痛・抗炎症作用があります。

一方で、アセトアミノフェンには解熱・鎮痛作用はありますが、抗炎症作用はほとんどありません。

安全性の違い

NSAIDsは、COXを阻害することにより胃腸障害(腹痛、嘔吐、食欲不振など)や腎機能障害の副作用が現れることがあります。

アセトアミノフェンは、NSAIDsに比べて胃腸障害や腎機能障害などの副作用が一般的にみて現れにくいです。

また、アセトアミノフェンは日本外来小児科学会から厚生労働省に働きかけ「小児科領域における解熱・鎮痛」という効能効果を取得しており、小児科領域においては解熱鎮痛剤の第一選択薬として使用されています。

カロナールの使用における注意点

カロナールを高用量服用することにより、まれに肝障害などの副作用が発現するおそれがあります。

市販のかぜ薬などにアセトアミノフェンが含有されていることも多く、知らずに高用量服用してしまっている方もおられます。

例)頭痛薬としてアセトアミノフェン含有の商品と、風邪薬としてアセトアミノフェン含有の商品で、成分が重複して過量になってしまう、など。

その他にも併用に注意しなければならない薬がいくつかありますので、他の薬を使用している場合や、新たに使用する場合は、必ず医師または薬剤師に相談してください。

新型コロナウイルスとカロナール

ウイルスの画像

ここまでは、カロナールの効果や他の解熱鎮痛剤との違いなど、一般的な話題を紹介してきました。

ここからは、新型コロナウイルス感染症流行下において、カロナールが実際に使用されている場面をご紹介します。

ワクチン接種後の発熱や痛みに使用されることがあります

新型コロナワクチンの接種により、注射した部位の痛み発熱といった副反応が現れることがあります。

こうした症状の大部分は数日以内に自然と回復していきますが、カロナール等の解熱鎮痛剤を使用することで症状を緩和することも可能です。

実際に、アセトアミノフェンを主成分とした、このような市販品も販売されております。
※パッケージに「ワクチンによる~」と表記されており、消費者さまにとってわかりやすいですが、
言ってしまえば、他のアセトアミノフェン含有の商品とくらべて、特になにかが違う訳ではありません。

詳しくは厚生労働省の新型コロナワクチンQ&A「ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬を飲んでもよいですか。」をご覧ください。

新型コロナウイルスに感染した患者に処方されることがあります

新型コロナウイルスに感染すると、下記のような症状が現れることが知られています。

  • 倦怠感
  • 味覚異常
  • 嗅覚異常
  • 頭痛
  • 喉の痛み
  • 全身痛

これらの症状のなかで、熱を下げる、あるいは痛みを抑える目的で、新型コロナウイルスに感染した方にカロナールが処方される場合があります。

カロナールの供給不足の報道に関して

薬の画像

2022年8月現在、新型コロナウイルス感染症の第7波が到来しており、かつてないほどの感染者数を記録しております。

そんな中で、カロナールの供給不足の報道を耳にして不安になった方もいるのではないでしょうか?

2022年8月現在のカロナールの供給状況について解説します。

カロナールの需要が急増し、出荷調整されています

2022年7月29日、カロナール製造販売元のあゆみ製薬株式会社より、カロナール限定出荷のお知らせが発表されました。(参考:カロナール錠 200、300、500 限定出荷のお知らせ

要約すると、新型コロナウイルス感染症「第7波」の影響によりカロナールの需要が急増しており、すべての注文に対応できない可能性があるという内容です。

続報として、8月5日にカロナールの現状と今後の見通しのお知らせが発表されています。

要約すると、本年5月6月の出荷量比120%程度での限定出荷を継続するが、代替品目の使用をご検討くださいという内容です。
新型コロナウイルスの影響で、様々な医薬品の供給が不安定になっているのですが、特に使用されるケースが多い、知名度が高い、ということもあり、一般のニュースでも報道されていました。薬局を運営していて、まさかこんな事態になるとは露にも思いませんでした。
※ただ、過剰に心配したり買い占めしたりする必要はありません。
下記のとおり、代替品であったり、カロナール(アセトアミノフェン)でないと絶対にいけない、というケースは限定的です。

カロナールの代わりになる医薬品があります

カロナールの代わりになる医薬品を、下記の2パターンに分けてご紹介いたします。

アセトアミノフェン以外の解熱鎮痛剤

解熱鎮痛剤として、アセトアミノフェン以外にもロキソプロフェンやイブプロフェン等の非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)が販売されております。

下記のような例を除き、多くの方はロキソプロフェンやイブプロフェン等で代用いただくことができます。

  • ロキソプロフェンやイブプロフェン等でアレルギーを起こしたことがある方
  • 小児や妊娠中・授乳中の方など

カロナールではないアセトアミノフェン製剤

カロナールは、主成分をアセトアミノフェンとする医薬品です。

実は、カロナール以外にもアセトアミノフェンを主成分とする医薬品は数多く販売されており、お近くのドラッグストアやAmazon等のネットショップで購入することができます。

カロナールと同成分の市販薬

先ほどご紹介した「カロナールではないアセトアミノフェン製剤」を3つご紹介いたします。

商品名 ラックル タイレノールA アセトアミノフェン錠「クニヒロ」
パッケージ ラックル 12錠 タイレノールA 20錠 アセトアミノフェン錠「クニヒロ」
有効成分 アセトアミノフェン300mg アセトアミノフェン300mg アセトアミノフェン300mg
内容量 12錠包装/24錠包装 10錠包装/20錠包装 20錠包装
メーカー希望小売価格
※Amazonの販売価格とは異なります
12錠包装:950円(税込1,045円)
20錠包装:1,480円(税込1,628円)
10錠包装:733円(税込806円)
20錠包装:1,143円(税込1,257円)
20錠包装:1,143円(税込1,257円)

以上3つの医薬品は、どれもアセトアミノフェンを主成分としているため、どれもカロナールと同じ有効性と安全性が期待できます。

ポイントとしては、
・同成分のものであれば、メーカーが違っても、基本的には効果に遜色はない
・上記のものは、シンプルに「アセトアミノフェン」だけが成分のものですが、他の成分が配合されている商品などもあります。その場合はメリット・デメリット生じることがありますので、薬剤師や登録販売士などにご相談ください。

まとめ

この記事では下記の内容について解説してきました。

  • カロナールの効果や他の解熱鎮痛剤との違い
  • 新型コロナウイルス感染症の流行下でカロナールが使用されている場面
  • カロナールの供給不足に関する報道の詳細
  • カロナールの代わりになる医薬品

2022年8月現在、カロナールは需要増により入手が難しくなっておりますが、カロナールと同じアセトアミノフェンを主成分とする市販品で代替することが可能です。

この記事の内容がお役立ていただければ幸いです。

※内容には弊社薬剤師スタッフが、一般的にみて不適切な内容、表記がないかチェックしておりますが、患者さまの状況(症状、既往歴、併用薬など)によって最適な治療、選択は変わる場合がございます。特に治療中の疾患がある方は、かかりつけの医院や薬局がございましたらそちらにご相談頂くのを一番と考えております。
※掲載内容は執筆時点の情報です。掲載後もなるべく最新の情報に更新するべく、予告なしに変更することがございます。
※内容に関しまして気になる点はお問い合わせフォームにて神田本店にご連絡頂ければと思います。