どうやってチラシを作っているのか【 池袋・渋谷店OPEN案内チラシ編 】

 

こんにちは
オオギ薬局恵比寿店・渋谷店で事務をやっている金本です

簡単な自己紹介
2020年12月の中旬から働いています
薬局での事務経験はなく、過去に接客業・営業職での仕事経験あり
現在パーソナルジムでのトレーナー 兼 薬局での事務仕事をしています

今回は、チラシをどうやって作っているのか【 池袋・渋谷店OPEN案内チラシ編 】についてお話していこうと思います!
※デザインの学校を卒業しているわけでもなく、独学でやっている内容となりますのでご了承ください・・・
『 こんな風にできていくんだ~ 』という暖かい目でいて頂けると幸いです!

①デザイン構成までの流れ

【 確認事項 】
▢チラシのサイズ(片面か両面かも含め)
▢必ず入れたい文言はないか
▢誰宛に配布するものなのか
▢チラシ全体の色味
▢納期

上記内容を伺った上でデザイン構成に入ります

まずは紙に手書きで大まかな配置を◯や▢で書いて外枠を決めていきます
そのあとに実際にCanvaを使ってデザインをしていきます

すぐにPCで作業に入るのではなく、先に紙に大まかなフレームだけでも制作することでより作業がスムーズに行えます!

今回のオープン案内チラシの場合

・チラシのサイズ(片面か両面かも含め)
 ┗ A5/両面印刷
・必ず入れたい文言はないか
 ┗ 池袋店/渋谷店オープンすること・相互利用可能なこと
・誰宛に配布するものなのか
 ┗ オオギ薬局の会員様宛
・チラシ全体の色味
 ┗ 池袋店/渋谷店の設計図に記載されたイメージカラー
・納期
 ┗ 大量に印刷する場合は、時間がかかるので納期を確認する

②どういう狙いで作成しているか

【 チラシをデザインをするときに意識していること 】
✓インパクトが与えられるか
✓ひとめで情報が伝わるか
✓とにかくシンプルにまとめる

情報量を多く載せすぎないで、今回のチラシで一番伝えたいことが『 一目 』で理解してもらえるかを狙ってつくっています。

より詳細な内容が知りたい方にはHPへ誘導できる流れにしたり、今回のチラシで何が一番伝えたい内容なのかを汲み取り、必要最低限のことが伝わるチラシづくりを心がけています!

今回のオープン案内チラシの場合
・池袋店・渋谷店がオープンすること
・既存の会員様に配布するものなので会員証が全店共通である旨の周知
・最新情報はHPにて確認いただけることへの誘導

③デザイン作成アプリ【 Canva  】

デザイン作成時につかっているアプリは【 Canva 】です

もう私の相棒といっても過言ではない【 Canva※Canva Pro 有料会員です

Canvaは無料でも使えますが、有料会員のほうが断然デザインはおしゃれに仕上がります!
実際に、Canva Pro でデザインをしています(今回のチラシデザインの一部も有料商材を利用

使えるフォントの数や、スタンプや画像の多さ、背景透過やサイズ変更など作業効率があがる機能が使えます
( Canva愛を語ると長くなるため割愛します__ )

今回のオープン案内チラシの場合
9パターンのデザインから絞って最終的に両面デザインが完成しました!
お薬を入れるチャック付きビニールに入れたときにオープンするお店がわかるようにし、
池袋店の裏には池袋店の情報が掲載されているように配置を考えて作成しました
( 詳細は画像をご参照ください )


最後に


Canvaにはテンプレートのデザインも豊富です!
はじめの頃は、好きなテンプレートを編集していくのもおすすめです★
Canvaは、触っていくうちに慣れていきますよ
(Canva内で使えるショートカットキーも覚えると作業が楽になります)

私も特にデザインの勉強をしているわけではいないのですが、普段の生活の中でいろいろなチラシや看板やSNSなどを見て見やすいものや、おしゃれなものなどをみてインプットしています

また機会があれば渋谷店の大型看板のデザインについてなどブログで紹介していきます!

最後まで読んでいただきありがとうございました。