取り扱い商品

ウルソデオキシコール酸錠(ウルソ同成分)

IMGP1546

ウルソデオキシコール酸錠100mg「サワイ」

400円/10錠
3200円/100錠

「ウルソ」と同成分のジェネリック医薬品です。

慢性肝疾患における肝機能の改善や、胆道(胆管・胆のう)系疾患及び胆汁うっ滞を伴う肝疾患などに用いられます。
※ジェネリックでない、「ウルソ錠」も販売・取扱いできます。
ウルソ錠100mg   3600円/100錠 
※「東和薬品」の製品も取扱いございます。

【効能・効果】
1.・下記疾患における利胆
胆道(胆管・胆のう)系疾患及び胆汁うっ滞を伴う肝疾患
・慢性肝疾患における肝機能の改善
・下記疾患における消化不良
小腸切除後遺症、炎症性小腸疾患
2.外殻石灰化を認めないコレステロール系胆石の溶解
3.原発性胆汁性肝硬変における肝機能の改善
4.C型慢性肝疾患における肝機能の改善

【用法・用量】
1.ウルソデオキシコール酸として、通常、成人1回50㎎(本剤0.5錠)を1日3回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
2.外殻石灰化を認めないコレステロール系胆石の溶解には、ウルソデオキシコール酸として、通常、成人1日600㎎(本剤6錠)を3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
3.原発性胆汁性肝硬変における肝機能の改善には、ウルソデオキシコール酸として、通常、成人1日600㎎(本剤6錠)を3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
増量する場合の1日最大投与量は900㎎(9錠)とする。
4.C型慢性肝疾患における肝機能の改善には、ウルソデオキシコール酸として、通常、成人1日600㎎(本剤6錠)を3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
増量する場合の1日最大投与量は900㎎(9錠)とする。

Copyright © ogiyakkyoku. All rights reserved.

Page Top